Dog Mountain Report _ aki kusumoto

curatory.exblog.jp
ブログトップ
2014年 09月 07日

ヨルマ・プラーネン―歴史と想像力が交差する劇場としての写真

 写真を撮影することには、「見る―見られる」の不均衡な権力関係が避けがたく内包されているとすれば、一体どういう写真を撮り続けることができるのだろうか。
 1970年代頃からラップランド近くのフィンランド北部で、風景やサーミ人たちをいわゆるドキュメンタリー的な形で撮影していたプラーネンは、ある時期からそうした写真を撮り続けることに疑問をもちはじめたという。1978年にはエドワード・サイードの『オリエンタリズム』が出版され、80年代はポストコロニアリズムが全盛を極めた時代だ。
 1988年、プラーネンはラップランドに住むサーミ人の詩人で音楽家の、ニルス=アスラク・ヴァルケアパーのところで、モノクロで撮影されたサーミ人のポートレイトに出くわす。それらがパリのミュゼドロムに収蔵されている、1884年に撮影されたサーミ人のアーカイブの一部であることを知ったプラーネンは、その写真を用いて作品を作ることに決めた。1991年から97年にかけて制作された「想像上の帰郷」シリーズは、アーカイブの写真を再撮影し、それが撮られた場所に戻す試みとしてはじめられた。

e0249498_2114072.jpg
 Jorma Puranen 「想像上の帰郷」シリーズ展示風景

 プラーネンがしつらえた舞台のような風景のなかで、大地から立ち上がる透明なアクリルボードからこちらをじっと見つめる人物たちは、演劇の役者のようにも見える。写真家は彼/彼女らを舞台上に好きなように配列する権限をもつ舞台監督のようだ。だが、写真家が再撮影された写真にいかなる采配を振るおうとも、彼/彼女らはまったく違う時間のなかを生きている。人類学的に調査され、標本のように見られるべきものとして撮影された彼/彼女らは、圧倒的な存在感をもったまなざしのもとで私たちを見つめ返す。写真家と、写真のなかに写る人物との間に横たわる絶対的な隔たりは、写真家と被写体の間に生じる「見る―見られる」の権力関係を無化している。
 プラーネンが次いで取り組んだ「影、反射、そうしたすべての物」のシリーズでは、数世紀前に描かれた、美術館でも来訪者にあまり見向きもされないようなポートレイトの絵画が撮影されている。プラーネンは撮影を単なる複写に終わらせるのではなく、その時空間ならではの光、反射、周りの景色の映り込みを画面に留まらせることを選んだ。そして、写される肖像画も、全体像ではなく、視線が強調されるバストショットとなっている。光の反射や窓の映り込みを眼でかき分けるようにして、そこにあるものを見ようとするとき、肖像画に描かれた人物の視線はひときわ際立って見えてくる。こちらが見ているというよりは、肖像画によって見られているという感覚すら生まれてくる。そして、写真のなかに、写真が写されたときの瞬間の光や反射だけでなく、写真を見ている現在時の室内の光や反射も紛れこんでいることを認識したとき、肖像が描かれた時間とも、写真が写された時間とも、現在の時間ともいえない、奇妙な表象空間とでもいうものが、ふっと立ち現れるような気がする。

e0249498_14475922.jpg
 Jorma Puranen 「影、反射、そうしたすべての物」シリーズ展示風景

 最新作の「凍てつく眺め」では、眼前の風景をそのまま写し取るのではなく、磨きのかかった黒光りする板に反射させるという操作を加えることによって、風景をあえて茫漠とした見えづらいもの、瞬間的ではかないものに変換する。そうすることで、風景の背後に隠れたものに対する、観る者の地理的、歴史的想像力を喚起させる道を開こうとしている。
 プラーネンは対象をすでにそこに自立的に存在しているものとしてとらえるのではなく、観者やその場の光などの身体性や時間性、その他様々な要素に左右されるものとして視覚化する。それはその都度、その一回性において成立する、劇場のような写真なのだ。そこには、写真における「見る―見られる」の権力関係を相対化するための可能性も提示されているだろう。

e0249498_2152464.jpg
 Jorma Puranen 「凍てつく眺め」シリーズ展示風景
e0249498_2364245.jpg




以下、受賞作家展の会場で配ったシリーズ解説を付しておく。


<想像上の帰郷  Imaginary Homecoming>
 パリ人類博物館保存のラップランド先住民サーミ人のポートレイトに触発されたプロジェクト。これは1884年フランス写真家G.ロッシュがローラン・ボナパルトのラップランド探検に同行の際に撮影したもの。ここに写るサーミ人の多くは、奇しくもプラーネンが20年に渡り撮影していたサーミ人の先祖だった。
 プラーネンは過去と現在の対話を試みるため、アーカイブのポートレイトを、それが写された場所に帰すことを考えた。まずポートレイトを再撮影してフィルムにプリントし、アクリルボードにマウントした。そしてそれを、かつてその写真が撮られた風景のなかに置く。プラーネンにとってはそれが、隠喩的な意味での彼らの帰郷であった。
 写真はその始まりから地理的探検や、植民地化と運命を共にしてきた。ラップランドで撮られた写真が、その地域の「自然の征服」と期を同じくするのは、偶然ではない。古くから歴史家は、ラップランドをメランコリックな最北の地と描写してきた。打ち捨てられ、名も無い場所、英雄的な探検者だけが描く場所。プラーネンはこうした歴史に異を唱え、ラップランドをサーミ人が住み形作ってきた歴史的な風景として理解しようとした。
 過去は想像が作りだしたもので、写真が提供するのは過去の断片にすぎない。全体を見るためには、想像力を要する。プラーネンは彼らの想像上の帰郷から立ち上がる新たな風景に期待する。


<影、反射、そうしたすべての物 Shadows, Reflections and All That Sort of Thing>

 ヘルシンキにある14~19世紀の芸術作品をコレクションしたシネブリュコフ美術館で、絵画に反射する光に魅せられて始まったシリーズ。ブルジョアたちを描いた古いポートレイトを撮影することで、描かれた者の過去を呼び覚ます。「起きなさい。そこにいるのは知っているよ。」
 写真のプロセスが強調されることで、本来の絵に対する焦点が物理的な層に紛れ、見る者の視線は作品のディテールを捉える。普段とは違う角度から絵を見ることで、見た者は一瞬と永遠の間の緊張、光のきらめき、そして何世紀にも亘る古色から立ちのぼる脆さを呼び覚まされる。
 自然光が絵画に反射することで、ある部分は露光過多になり、ある部分は闇に沈む。それはいわゆる「良い写真」とは異なる。このシリーズは、ポートレイトとそこに描かれた者、その写真との関係性、そしてそこに用いられる媒体が、我々の「イメージ」に対する認識にいかに影響を与えるか、問いかけている。

<キャンバスを旅する  Travels on Canvas>
 「影、反射、そうしたすべての物」のサイド・プロジェクトとして始まったシリーズ。北極遠征にまつわる歴史画、特に写真発明以前の絵画に興味を持ったプラーネンは、そこに絵画としてではなく、異質の人々、文化、風景を映す記録としての価値を見いだす。
 「Travels on Canvas 1」で撮られた「テント周りのラップ人」(1827年Alexander Laureus作)などは、初期のエキゾティシズムを表すいい例だ。プラーネンが「他者」や「エキゾチックなもの」を示す絵画に関心をよせるのは、北欧圏の植民地の歴史が、多くの人々の記憶から抜け落ちてしまったことと無関係ではない。
歴史画は、異なる時代や場所に不意に道を開く。絵画は、記憶の引き金となり、時間とノスタルジアの感覚を強く呼び起こす。そしてまた、風景に埋め込まれた歴史を検証し、活性化するための様々な声と視点をもたらす。
 プラーネンは、ある種、個人のアーカイブ的なものとして、歴史的なイメージを集めるが、それは絵画を模倣し、そのコンセプトを写真にあてはめようとするものではない。歴史画を間近に見、経験し、そこに付随する曖昧な空間を私たちの時代に広げようとする試みである。

<凍てつく眺め>  Icy Prospects
 「影、反射、そうしたすべての物」の撮影中、ニスが厚く施された絵画の表面に、反射してゆらめく美術館の外観を見た。そこからプラーネンは、細かくやすりをかけた木製の板に、光沢のある黒を塗り、鏡のように反射するテクスチャーを出すことを思いつく。そして凍てつく北の風景に持ち出した板に映じる風景の断片を撮影する。それはあたかも、精密な角度の光だけが銅板にイメージを映し出すダゲレオタイプを思い出させる。下地と筆跡と反射が分かちがたく重なって、絵画的で芸術的な作品になった。
 Icy Prospectsは、北極探検の歴史と、ノールカップ岬での体験から着想を得た。ヨーロッパ最北端のこの岬では、世界中から来た旅行者が、深い霧の中、北極海のさらに先を視ようと目をこらす。幻覚を起こすようなこの作品は、北極海で道を見失った昔日の遠征隊が視た景色に呼応しているかのようだ。
 プラーネンは20世紀初期に描かれた風景と、その背後にある自然の力に対する「崇高な恐怖」という哲学的なコンセプトと、自身がラップランドで撮影した写真の間に対話を生み出そうとする。北方の感覚的な経験にだけ焦点を当てているのではない。様々な運命と歴史、場所や出会いが作り出す場の可能性に興味があり、事実とフィクション、幻想と地理的想像の所産を映し出す場として、北極地方を用いている。

(翻訳協力:宮地晶子)
[PR]

by curatory | 2014-09-07 02:37 | 海外作家賞


<< 写真フェスティバルのネットワーク      掛川源一郎と社会的風景(試論) >>